ハランとリュウカデンドロン

ハランのお正華はよくありますが、ここに深い赤紫色のリュウカデンドロンが入ります。どこに入れるかで印象はガラリと変わりますがバランスが良いのはやはり、真をハランでとるパターンです。上の写真は真にハランとリュウカデンドロン、副にハラン、体にドラセナの葉を使っています。

真のあしらいとしてリュウカデンドロンがはいるのか、副としてはいるのか、副を外してしまう変形も面白いです。(下の写真)ボリュームのあるリュウカデンドロンに負けないようなハランの見せ方がポイントです。

ハランはシンプルながらも奥が深く難しいながらもやりがいのある面白い花材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です