フトイの見せ方

フトイは真っすぐでとてもシンプルな材料ですが、生けようで様々な表情をつけることが出来ます。束ねて力強い線を出す、長さを変えてのびのびと勢いを出す、または折り方次第でお正華の形がしっかりついて空間を魅せることが出来ます。また曲げる方向や位置、角度で様々の表情になります。配材との相性を考えスッキリと生けたいです。上の写真は全く折らずに短く切ったものも添えて太さと勢いを出し、緑色の美しいカラーの曲線が良くいかされていると思います。

こちらは一本だけ折って真の部分が見えないカーブとなって全体のバランスが取れました。

こちらは二本折って、真副体をユニークに表現できました。それぞれの材料の線がキリリと生かされたちょっとモダンな感じの花となりました。折ったり、束ねたりして他の花とのバランスや空間を考えながら研究してください。たくさんの発見があることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です