花菖蒲

葉組のお稽古はみなさんかなり苦手なようで・・・

葉組ってややこしいんですよね。

しかも年に一回しかないので一度生けたら次は一年後・・・そのころには忘れてしまっているというサイクルでしょうか。

この季節葉組の花は花菖蒲、杜若(燕子花、カキツバタ)、 鳶尾 (イチハツがあります。

今回は花菖蒲。こちらは男性的に生けるといわれています。

爽やかな花に キリリとした葉の個性を生かして行けます。
花は真副体それぞれに入れても良いですし、上の写真は真に花二本、体に一本、副には花は無しです。葉は真副体それぞれ二組ずつを挿ます。

葉の長さは真と体は陰方が長く、副は外側を長く葉を組みます。

葉は爪を向き合うように2枚一組で体の一組だけ三枚で中高に入れます。
文字にすると増々ややこしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です