雲龍柳

雲龍柳とりんどうです。雲龍柳はかなりばらばらとしていて真副体をどのようにとるか悩みましたが、試行錯誤の末、副を外しました。副を外すことでアンバランスでまとまりのない感じが無くなりりんどうで安定感と爽やかな色どりが加えられました。基本を押さえつつ、思い切って余計なものは省いてみる。そんなお稽古が出来た一杯だと思います。

こちらは雲龍柳とトルコ桔梗、ドラセナです。真の先のクシャクシャとしたところが雲龍柳らしさであり、面白いところです。あまり大暴れされては困るので先の方はかるく結ぶようにまとめています。副も先をくるりと折り曲げてもしゃもしゃした感じをなくし、短めの副でスッキリしました。雲龍柳の個性を生かしつつ、足元のトルコ桔梗とドラセナでキリっとバランスが取れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です